すずか自工は軽自動車から大型トラック・クレーン・特装車まで。車検、一般整備、事故修理
鈑金塗装を専門とする整備工場です

TEL. 059-387-1131

〒5100253 三重県鈴鹿市寺家町1570

会社方針CONCEPT

会社方針

すずか自工は「まごころ」を社訓に、軽自動車から大型トラック・クレーン・特装車まで、ほぼすべての車種をお取り扱いさせていただいております。あわせて全国にネットワークを持つ車検整備・車販・保険を中心とした【ロータスクラブ】ならびに【AIRオートクラブ】の会員工場であり、また厳しい入会審査をクリアした鈑金・塗装・ロードサービスを中心とした鈑金工場の全国グループである【BSサミット】の会員工場としてお客様のお車をサポートさせていただいております。さらには多くの損害保険会社様ならびにロードサービス会社様より提携工場としての認定をいただき、もしもの時のサポートをさせていただいております。もしもの時にはご安心してお任せください!

 


代表取締役社長メッセージ

 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
 お陰さまで、本年弊社は創業57周年を迎えさせていただきました。これもひとえにご愛顧を賜るお客様をはじめ多くの皆様のお引き立ての賜と、心より感謝しております。
 さて、自動車業界では自動運転技術をはじめとする安全を担保する技術、また燃料電池車の開発等が加速度的に進み、技術革新の上で歴史的なターニングポイントを迎えております。弊社といたしましても、こうした時代の流れに取り残されぬよう、自動車理業界の世界基準とも言える欧州の認証基準を取得しお客様の安全と安心に寄与すべくさらなる前進を目指しております。
 昔ながらの町工場ではございますが、地域の皆さまに愛される企業を目指し、努力を重ねてまいりますので、今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。    
                                   代表取締役社長 金子隆一


会社沿革

1962年
(昭和37年)鈴鹿市国分町(国道1号線沿)において、鈴鹿鈑金工業所の名称にて
      初代、金子政輝が創業
1974年
(昭和49年) 初代、金子政輝死去に伴い、金子堅二が継承
1976年
(昭和51年) 鈴鹿市寺家町(国道23号線沿)現在地に移転
       USAベアー社製大型フレーム修正機設置
1978年
(昭和53年) (株)KATO製作所指定サービス工場認定
1980年
(昭和55年) 鈴鹿自動車工業株式会社に法人組織変更
1982年
(昭和57年) 新明和工業(株)指定サービス工場認定
1983年
(昭和58年) 指定自動車整備事業の指定取得
1999年
(平成11年) BSサミット加盟
       フォークリフト・高所作業車・車両系建設機械検査業者登録
2000年
(平成12年) 小型車板金・塗装・整備部門を開設
2007年
(平成19年) 全日本ロータスクラブ加盟
2009年
(平成21年) KYB(カヤバ工業)指定サービス工場認定
2011年
(平成23年) AIRジャパン(現AIRオートクラブ加盟
2015年
(平成27年) 金子隆一が代表取締役社長を継承 金子堅二は代表取締役会長に
2018年
(平成30年)世界基準の第三者認定機関テュフ・ラインランド・ジャパンによる認定

バナースペース

すずか自工

〒5100253
三重県鈴鹿市寺家町1570

TEL 059-387-1131
FAX 059-387-1148